2017年04月25日

ボードゲーム数寄語り。第124回「六次化農村と東京ドイツゲーム賞を語る・その2」

 今回も前回に引き続き、六次化農村や東京ドイツゲーム賞について語ります。東京ドイツゲーム賞の審査員でもあるタナカマさんが同作を審査した時に抱いた感想や、製品版のアートワークの印象などを語ります。

 「六次化農村」をゲームマーケットで発売致します。
 http://www.b2fgames.com/article.php?story=20170414160157881



 なお、ニューゲームズオーダーさんで現在ゲムマ春での予約取り置きを実施しております。当日、会場でお求めになる予定の方は予約の申込みをオススメします。

 「六次化農村」ゲームマーケット取り置き予約を受け付けます。
 http://www.b2fgames.com/article.php?story=20170415192603248


 円卓P …… うp主? ポッドキャスト上げてる人はなんて言うんだろ…… 長考しがちなニコマスP。主な制作物は、レジスタンスへの誘い。
円卓Pのマイリスト

 タナカマコト …… 言わずと知れたテンデイズゲームズ店長。あまりの多業務ぶりにクローン説が囁かれること多々。
テンデイズゲームズ

 TakP …… 行動力の塊。一番近いゲーム会は県外らしい。主な制作物は、アイドル達がドイツゲームで遊ぶようです(王への請願)。
TakPのマイリスト

 一発命中P …… バネスト依存症の兆候が見られるニコマスP。最近は大手チェーンに侵食される地元ピザ屋の社長。主な制作物は、むかつく友達・行きたくないパーティ。
一発命中Pのマイリスト
posted by 円卓P at 21:43
"ボードゲーム数寄語り。第124回「六次化農村と東京ドイツゲーム賞を語る・その2」"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: