2017年08月03日

ボードゲーム数寄語り。第131回「コプラスを作ってしまった男たち・その1」

 今回はファミリーゲームフェスティバル及び東京ボードゲームコレクションにて初出展となるコプラスについての数寄語り。量産は絶望的……と言われたり言われなかったりしたコプラスがどのように販売まで至ったかを語ります。これからゲームを作りたい人向けのヒントがある話やもしれませぬ。
 ※収録中、何度か発言しているテーブルゲームフェスティバルはファミリーゲームフェスティバルの間違いです。スミマセン。



 かぶけんさんデザインのアブストラクトゲーム、コプラスを出版します

 円卓P …… うp主? ポッドキャスト上げてる人はなんて言うんだろ…… 長考しがちなニコマスP。主な制作物は、「レジスタンスへの誘い」。
円卓Pのマイリスト

 かぶけん …… ゲームNOWA代表。コプラスのゲームデザイナー。ゲムマで毎回凄まじい量の同人ゲームを買いまくるコレクターでもある。
ゲームNOWA
posted by 円卓P at 20:27| Comment(0) | ボードゲーム数寄語り | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください