2016年11月28日

ボードゲーム数寄語り。第114回「三人が斬る! 三人で遊ぶゲームを語る・その3」

 今回も引き続き三人で遊ぶゲームについて。三人向けゲームをよく作るデザイナーの話から競りゲーやゲームデザインについて語ります。
 ちなみにこの収録はオーディンの祝祭の発売前に行ったものなので、その当時の感覚で喋っています。オーディンは3人4人と遊びましたけども、ワーカープレイスメントとしては4人で遊ぶ方がキツキツでよかったように思いましたよ。



 今回も円卓Pはゲームマーケット秋に出展します。N-08 蒼猫の巣出張所です。個人制作の新作はありませんが、初の海外ゲームの日本語版となる「そんな顔してどうしたの?」や、メサイアワークスさん製作の新版「娘は誰にもやらん」を持ち込みます。出展情報はこちら

 円卓P …… うp主? ポッドキャスト上げてる人はなんて言うんだろ…… 長考しがちなニコマスP。主な制作物は、レジスタンスへの誘い。
円卓Pのマイリスト

 半蔵さん …… 夏休み大作戦のデザイン担当。ボードゲーム同人誌 Cafe GLASSROADは面白いマンガなのでみんなで読もう!
半蔵さんのPIXIV

 一発命中P …… バネスト依存症の兆候が見られるニコマスP。最近は大手チェーンに侵食される地元ピザ屋の社長。主な制作物は、むかつく友達・行きたくないパーティ。
一発命中Pのマイリスト

BGM:48 by mozell/
posted by 円卓P at 20:54| Comment(0) | ボードゲーム数寄語り | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください